ポーマン

1. 土・水・作物を健全にする2. 使用方法のご提案

1. 土・水・作物を健全にする

ポーマンを使用することで、現代農業の大きな問題「硝酸態窒素の過剰害」が解消されます。

土壌や作物に有機ケイ素や様々なアミノ酸・ミネラルが補給され、微生物の働きが活発になります。


土中では有機物分解が進み腐植が増加し、通気性・保水性が改善します。


過剰に含まれていた硝酸態窒素を微生物が取り込み有機態窒素に変換し、地下水の汚染を防ぎます。


作物に過剰に含まれていた硝酸態窒素はアミノ酸と結合して効率良く使われて濃度が下がり、農産
物の安全性が高まるだけでなく病気・害虫の発生が少なくなり、生育ステージに合わせて生育促進、
収量増加、食味の向上につながります

2. 使用方法のご提案

農作物の倒伏防止・品質向上・食味向上に

余分な硝酸態窒素を消化して生育を健全にし、病害虫の発生を抑え、栄養分を子実に行き渡らせます。

1.小麦 出穂前後に200倍で1回ずつ散布(倒伏の恐れが高い場合には100倍で散布)
赤カビ防除の殺菌剤と混用可能
2.馬鈴薯 肥大期に100倍で2〜3回散布(7〜10日間隔)
3.豆類 着莢後に100倍で2〜3回散布(7〜10日間隔)
4.ビート 定植後7〜10日後に100倍液の散布

連作障害解消に

微生物活動を活発にし、塩基バランスの崩れた土壌でも酸化還元作用により肥料の吸収を促進します。

アグリシステムの取り組み
品質への挑戦 品質への挑戦 麦の風 小麦粉レシピ 豆レシピ 主要取り扱い品目
小豆 大豆 金時豆 米 小麦 じゃがいも
主要取り扱い品目 農業資材 栽培履歴 ナチュラル・ココ トカプチ農場